スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

精神的暴力 

私は今、放送大学に在学中です。今年は
卒業研究という「卒業論文」の科目を取っています。
11月に論文は提出しないといけないので、
今、その勉強中です。

卒業研究は指導教官がついて指導してくれますが、
その指導教官からひどいことを言われます。

まだ、二度しかあっていないのに
「あなたのような人は、他人の相談に乗る前に
自分の相談をしてもらった方が良い」とか
「今の仕事は中途半端で、別の道を探した方が良い」
「あなたは専門家としての実力がない」とか・・・

卒業論文のことでも私のやりたいことを否定して
「そんな研究テーマより○○の方を勉強するべき」
「そんな動機で研究するのはオカシイ」などなど。

あなたのテーマこそ素晴らしい!なんて
言って欲しいわけではないけれど、
研究テーマそのものを否定されて、先生の言うとおりのことを
勉強して、本当の勉強と言えるのだろうか?と疑問に思います。

どうしてそのテーマがいけないのか分かりません。
なんとなく、先生の言いたいことは
「あなたにそんなテーマはふさわしくない」
「あなたの実力では何をやっても無駄」
「私の言うとおりのテーマ・内容が一番だ・・・」
という気がして、不快な気持ちになります。
(テーマは「育児」についての一般的な内容なので、
特別、高尚とも思えません)

今頃から、その先生に卒論を提出するのか?と
思うと気が重くなってきます。
そんなことを言われる理由があるならともかく
先生の質問に答えているだけなのに、
どうしてこんな事を言われるのだろうか?と思います。

確かに、歳を取ると
相手の話を少し聞いただけで、相手のことが分かる、
ということはあるのもしれません。
しかし、人には様々な面がありますし、
人生経験の語りつくせないものがあると思います。
それを、少し聞いたからといって
「あなたは○○な人だ」と評価するのは
どうなのでしょうか?精神的な暴力といえなくもないと
思っています。

世の中、強者の立場にいる人は
余程、気をつけない限り
人を簡単に傷つけることができるのだなと思っています。

人のフリ見て我がフリ直せ、ですね。
スポンサーサイト

[2005/06/15 21:23] モラル・ハラスメント | TB(0) | CM(0)

何ナノかな・・・ 

子育て支援の現場なのに、子育て中のママに
いくら支持されるような仕事をしても、
まったく評価されないって、何ナノかな?

どんな仕事でも、上司の言うことを聞き、
上司に評価されてこそ、良い仕事をしていると言えるのだろう。
だから、上司の言うことよりも、
市民の言うことを聞く私のやり方は非常に嫌がられてしまう。

昨年は、子育て中のママがメンバーになって
子育て情報誌を作ったけれど、
頑張れば頑張るほど「もっと、子育て中のママに
届くようにしたい」とか「情報をもらうために
もっと行政が関係機関に働きかけて欲しい」と、
どんどんメンバーから意見が出て、
私たち職員はどれだけそういう市民の意見に
答えられるかが、試されることになってしまった。

私自身は、そういう面倒な意見に対して、
「文句を言わずに、良いものを作って欲しい」などと
思っていると、その人を生かすことにはならないのだ
小さなことでも、真摯に対応してきたつもりだけれど、
上司には「何でそこまで、こちらでやらないと
いけないのだ?」と思われていたようだ。

結局、その情報誌も読者である子育て中のママに
とっても評判が良かったけれど、
今年は同じ形でやろう!ということにはならなかった上に
私は担当からはずされてしまった。

この企画、私が全て立てて運営してきたのだけれど…。

そんなフウに、何をやっても
今、私はマイナスにしか評価されない職場で
働いている…。つらいな~。
[2005/06/07 21:07] 仕事 | TB(0) | CM(0)

子育て支援って? 

子育て支援という現場は、「子ども」を支援するべきか
「親(家庭)」を支援するべきなのか、
そんなことで迷う世界です。

親と子どもの希望が一致してくれていれば、
もちろん親子を応援できます。
ところが、大抵は親子の利害は一致しません。

私の基本は、子ども支援です。
でも、私の場合はチョッと複雑で、
子どもの親を愛する気持ちを支援しています。

子どもにとって、親に愛されることがどんなに
勇気をもらえることなのか、それを考えると、
ぜひ親には子どもを少しでも愛せるようになって欲しいと
思います。
だから、子育てで困っている親に対しては
子どもの味方をせずに、
その親の願いをできるだけ実現できる方向で
私は動いています。

しかし、親の支援をしていることで
子どもの権利が奪われているのでは?と言う思いを
いつも抱えています。
だからこそ、子どものために何ができるのか?と
いつもいつも自分に問いかけています。

虐待を受けている子どもであればあるほど、
親に愛されたいという思いが強くなります。
親は子どもを捨てることができても、子どもは
親を捨てることができません。

子育て支援を考える時に、親の側に立ちながらも
子どもの応援をしている私って、矛盾しているのかしら?
「子どものことを支援する」と児童相談所などは
言いますが、私には???と疑問を持ちたくなるような
言動があったりすると、何が子どものためなのか
分からないな~と思います。「子どものため」って
何なのでしょうか?

[2005/06/05 23:36] 仕事 | TB(0) | CM(0)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。