スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

何だかね~ 

昔から、政治が嫌いな私。結婚するまでは、一生選挙に
行かないだろうと思っていました。
しかし、子どもが生まれて「政治って大事なんだな」と
思ったのだけれど、では誰に投票すればいいの?状態でした。

清き一票なんて言葉があったけれど、
私の一票で世の中が変わるとは思えないし、
信頼できる政治家なんているの?とまず信頼できる政治家が
見つからないのです。

今回の総選挙も政策内容をよく理解できない私…。
民主党を選んでも、自民党を選んでも、たいして変わらないような
気がしてならないのです。
それよりも、小泉首相の「俺の意見に反対した奴を罰してやる!」
という態度が気になります。

「国歌斉唱・国旗掲揚に従わない教員」を処罰する
東京都の教育委員会などのやり方と変わらないような気がします。

自分の意見に従わない者を仲間はずれにするって、
イジメの一種では?と思ってしまうのは私だけでしょうか?

意見の違う者とじっくり対話することで、お互いの違いを
折り合っていく、そんな姿勢を政治家にこそ見せて欲しいと
思ってしまいます。

イジメを公然と認めているようなやり方で日本は大丈夫なのかと
政策以前に危機感を感じてしまうのは、やはり政治音痴だから?

スポンサーサイト

[2005/08/14 22:59] つぶやき | TB(1) | CM(0)

家庭内のイジメ 

「モラルハラスメント被害者同盟」の管理人の方が
書いていた「モラルハラスメントは家庭内のイジメ」の
表現がモラハラにはピッタリと思いました。

離婚を考えていた時期~離婚調停~離婚までの間、
「家庭の中で仲間はずれ状態?」と何度も思いました。

子どもは、私を仲間はずれにしてはいません。
仲間はずれにしようとしているのは、夫でした。
いえ、夫から見れば「俺が仲間はずれにされたのだ」と言うでしょう。

そういえば
子どもとお前が仲良くしていて俺は仲間はずれにされた、
私の姉の家族が来た時にも俺を誘わずに出かけた、など
恨み言をたくさん言われた気がします。

しかし、「我こそが被害者だ」と自負する夫、
彼の家庭内での行動は
これ見よがしに子どもに優しく話しかけ
私に対しては無視するという態度でした。

私に腹を立てていればいるほど、
私の前で子どもと接する夫の態度は
「優しい」人でした。そして、その「優しい態度」を
私にだけは“決してしてやらないぞ”という無言の圧力。

「これは家庭内イジメだ」と思いました。
誰か一人にだけ、他の人とは違う態度でわざと接して
相手に嫌な思いをさせて、孤立させて
そして、自分の思い通りに周りを動かそうとしている…。
でも、それは他の人に説明しても
「身体的な暴力」ではないので、信じてもらえない、
巧妙な手口でした。
精神的暴力でもない「イジメ」だったのです!
[2005/08/12 23:48] モラル・ハラスメント | TB(1) | CM(0)

少しがんばります~! 

色々なことがあると、それを整理したくなることもあります。
ある程度整理がつくと、少しそのことからお休みしたくなることも
あります。
色々なことがありすぎると、整理することさえ嫌になってしまうことも
あります。

私自身、離婚後「離婚という出来事を整理したい」という気持ちで
このブログを立ち上げたのですが、少し整理がついて
「書くことがなくなったのでは?」と
自分で不安を感じ始めていました。

その上、もっと金銭的に稼げるものに時間を割こうと
努力していたりして、このブログを書く意味を
少し失っていた気がします。

そして、ブログから離れてみました。
すると、不思議なことに近づくのが反対に怖くなるものですね。

夏休みで暇な時間があっても、
なかなかここまでたどり着けずにいました。

今日思い切って、久々に訪れてみると
思いのほか、更新していないブログでも訪問してくれる人が
居るのだと思いました…。

「モラハラ」などにこだわらず、もう少し気軽に日々の
思いを書き連ねようかと思います。

またまたよろしくお願いいたします!
[2005/08/10 23:41] つぶやき | TB(0) | CM(1)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。