スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

家族って何だろう? 

今の仕事は「血のつながら親子」への支援です。

日本は「血縁」関係にとってもこだわりのある風土がある気がします。

でも児童福祉の相談関連の仕事に出会って、親子って何だろう?ってつくづく考えさせられます。

「血」のつながりがあれば、親子なのでしょうか?
「血」のつながりがなくても、日々生活を供にすれば、親子なのでしょうか?

どちらも正解で、どちらも不正解なのかもしれないです。

今日は「里親」さんの体験談を聞きました。

里子として里親家庭にやってきた時がどんなに小さくても、「真実告知」(自分たちが本当の親ではないということを里子に話すこと)が大事だとどの里親さんも話していました。

自分のルーツを知る権利が、どの子どもにもあるのだ…と。

里親さんの話を聞いて、私は…
自分の出生家族で育つことができない子どもにとって、「本当の親子」って何なのか?答えを出すのはとても難しいと思いました。でも…どの子にとっても、子どものことを真剣に考えてくれる「大人」がいつも同じ人、という安心感が必要。それが子どもたちの心を育てるのにとても大事だ!と改めて思いました。

里親と里子が不調に終わって、里親子関係を解消する、なんてことが結構あるようです。でも、たとえ最終的に不調に終わって里親と里子が「親子」や「家族」になれなくても、里子にとって「里親は自分に向き合ってくれた」ということが、「人間として成長につながっていく」という事実として、シッカリ記憶に残るのだろうと、里親さんたちの話を聞いて確信しました。

里親制度は「人間を育てる」素晴らしい社会貢献なのです。
スポンサーサイト

[2007/04/25 21:56] 家庭のこと | TB(0) | CM(1)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。