スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

憲法の話 

昨日は友人に誘われて「よく分かる憲法の話」という内容の学習会に参加してきました。

今まで憲法って「法律の上にある法律をまとめる親分」だと思っていましたけど…違うのですね~。

「法律は行政(政治家)が国民に守らせるルールで、憲法は国民が国家(政治家ともいえるかな)に守らせる理想・理念」で法律と憲法はまったく反対の作用を持つモノなのだそうです。

だから憲法は国民に守る義務があるのではなく、
天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他公務員が憲法を尊重し擁護する義務を負っている(憲法99条)!

目からウロコの話が多くて、かなり面白かった。

そして今なぜ憲法9条が変えられようとしているのか?なんて
話も詳しく説明されて…なんだか怖くなってきました。

今までの憲法のどこがいけないのだろうか?
講師の人も「今まで日本が平和に暮らしてきたのは
この憲法が合ったから!」と強調していたけれど、
本当に私もそう思いました。

でもそう思わない人が増えているらしくて…
複雑な気持ちです。憲法を知らないってこんなに怖いことなのですね!子どもにも昨日の話を聞いて欲しかったけれど、
私に説明する能力が無い。悲しい~。

スポンサーサイト

[2007/01/14 22:25] つぶやき | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://urapoke.blog6.fc2.com/tb.php/124-2b8bb41d





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。