スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

虐待家族の支援は?その1 

★児童虐待防止法では、新しく「要保護児童対策連絡協議会」というネットワークの設置を、任意とはいえ提案しています。「要保護児童対策連絡協議会」というのは、被虐待児だけでなく例えば非行児童など“保護を要するような児童”の対策を考える協議会という意味です。東京都の場合などは、各市町村に「虐待防止ネットワーク」などの名称で、児童福祉関係の部署・子ども家庭支援センター・児童相談所・主任児童委員・警察・学校・保育園・幼稚園・母子保健の部署…などが、今までも「虐待防止」のための関係機関ネットワークを組んで対応してきたところが多いと思います。最も、部課長クラスでシャンシャン会となっているところも実際にはあるのかもしれませんが…。
確かに、以前は行政内の横の関係がとれずにリスクの高い家庭への対応が遅れがちという問題が多かったのでしょう。私も、仕事の中で感じることは、虐待防止を考えると行政の縦割り関係でなく、横(関係部署)の連携が大事だということです。だから「ネットワーク」「ネットワーク」といまや「ネットワーク」さえあれば、虐待対策ができるという幻想を持つぐらい「虐待防止のネットワーク」作りが叫ばれています。
スポンサーサイト

[2005/04/23 17:41] 児童虐待 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://urapoke.blog6.fc2.com/tb.php/46-817cd745





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。