スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

虐待家族の支援は?その2 

★児童虐待を防止するためのネットワークがあれば、
虐待は防止されるのでしょうか?
私は、ネットワークさえ作れば虐待を防止できると
思えません。むしろ、管理・監視の目が強くなって
母親や家庭を精神的に追い詰めて、
孤立させる恐れもあるのではないかと思います。

ただ、現場でネットワークを組んでサポートすることが
上手くいっていると、非常に支援する方が心強くなり
家庭との連携も良い方向で進んでいきますから、
ネットワークを組んでいるか、よりも
どういう連携作りをするのか、
内容や目的・連携先が大事になると思います。

特に、最近私の職場で問題を感じるのは、
鬱傾向の親が午前中がとてもつらい時間なため
保育園の送り迎えや学校に送り出すことに
困難性を抱えている家庭が多いということです。

今、私の市では保育園の送迎や学校に送り出す
というサポート体制(支援)がありません。
せっかく保育園に措置されたとしても、
結局親が送迎できずに、子どもが保育園に登園できていない
というケースが多いのです。

親も「保育園には通わせたい」と思いつつも
実行できずに苦しんでいたりします。
せめて、保育園の送迎を無料か無料に近い形で
支援できる行政に支援メニューがあると
良いのに!と思うことも多いです。

特に就学児童に関しては、関係機関がどんなに関わっていても
親の生活習慣が子どもの生活習慣に反映されるので、
不登校になりやすく、そうなるとますます子ども達が
社会的に困難を抱えてしまう可能性が大きくなるので、
就学前に生活習慣を整えるか、ということが
大切ではないかと私は思っています。


スポンサーサイト

[2005/04/24 21:52] 児童虐待 | TB(1) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://urapoke.blog6.fc2.com/tb.php/47-24b7a643


児童虐待急増

児童虐待相談が急増しているそうです。児童虐待には様々な背景・要因があると思われます。最近日本で増加しているのは、今まで問題にならなかったことが顕在化したこともそうですが、社会的・倫理的な要因も見過ごすことができません。特にアメリカでは以前か
[2005/07/08 21:12] URL 誰でもわかる!最新医学ニュース



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。