スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

DVとモラハラ 

仕事の関係もあり、また自分自身の家庭のこともあり、
「ドメスティックバイオレンス(DV)」関連の本を
読むことも多いのですが、つい自分の経験に
照らし合わせて考えてしまいます。

DVかどうかの項目を当てはめると、
私の場合は当てはまる数が少ないです。

例えば「自分身内や友だちとの付き合いを
制限されたり禁止される」なんて項目は×です。

我が家の場合はむしろ、飲み会などに行く前は「良いよ!
行っておいでよ…」と非常に協力的な反応です。
ところが、実際出かけて帰ってくると
必ず不機嫌なのです。それも、玄関からオーラが出ている感じ。
そして、一度不機嫌になったら
理由もいわずにただただ不機嫌な態度を延々と続けます。

自分から機嫌を直すことも、理由を告げることもありません。
だから、終わりが無い冷戦?が続くのです。

夫のお給料に関しても私が切り盛りしていました。
だから、何か買う時も、ほとんど私が決めていました。
しかし、決定の時に彼を無視したと思うと
不機嫌オーラがでます。
夫の方が経済力を握っているやり方でなく
私にやらせておいて、決定権は自分にあるという
やり方でした。

とにかく、暴力もないしDVの本にに書かれているような
表立った分かりやすい制限や禁止や差別はありません。
むしろ、「優しい夫」「寛容な夫」を演じていた
と思います。だからこそ、自分の思い通りに
私が反応しなかった時や行動しなかった時には
「裏切った」「バカにした」「軽く扱った」
となり、不機嫌・不機嫌の毎日でした。

子どもに対する態度と、私に対する態度が
まったく違う毎日。
学校とか職場のいじめってこういう事なんだなと
思っていましたが、彼は自分の方こそが
私に気を使って小さくなっている。
私に刃向かおうものなら、100倍にもなって
反論してくるので、これぐらいの反撃(不機嫌)を
してもお釣りが来るはず!と思っていたようです。

表立って私を
批判したり攻撃したりしていないのだから、
これでもマシな方だと思っていたと思います。

でも、DVと違って、このような
暴力ともいえないような暴力、
周りには見えないようないじめ、
だからこそ、問題の本質を捉えにくいものに
していると言う気がします。

モラルハラスメントという言葉を知り、
かなり救われた気がしたのは、そういう
分かりづらさを分かりやすいものに説明してくれたと
感じたからなのです。
スポンサーサイト

[2005/05/06 00:27] モラル・ハラスメント | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://urapoke.blog6.fc2.com/tb.php/54-c8c342b5





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。