スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

玉井邦夫さん講演会 

先日「子どもの虐待を考える」(講談社現代新書)
という本の著者である、
玉井邦夫さんの講演会に参加した。

この本は「虐待」に関して書かれた中でも1・2を争うぐらい、
わかりやすく、かつためになるものだったので、
先生の話を聞くのが楽しみだった。

講演会の内容は、
今後子どもを守るために目指そうとしている方向は
「ネットワーク」作りである。
学校を中心とした「校区内ネットサポートチーム」と
虐待防止を主眼に地域を中心とした
「要保護児童対策地域連絡協議会」の設置で
すべての子どもたちが健全に育つように
「要保護ネットワーク」を作ろうとしているのが
国の動きであるようだ。

虐待の問題はすでにかなり深刻なのか、年々深刻化しているのか、
よく分からない。ただ、「虐待を許さない」という
日本の方向性は「虐待防止法」で示されている。
それをもっとも端的に語るものとして今回の虐待防止法で
「要保護児童対策地域連絡協議会」の任意設置を
市町村に課したことだ。

「要保護児童対策地域連絡協議会」というのは
保護を要する子どもたちを地域で見守ろうという建前だが、
一歩間違えば、問題児をリストアップするだけに
終わらないのだろうか?と心配になる。
そのあたりを玉井先生に質問した。

「これは本質的な問題である」つまり「どういう社会を目指すのか」
ということになるらしい。
“監視・管理型社会になったとしても、
虐待を許さない・虐待を見逃さない社会を作るのか”
“多くの良心的な子育て家族を信じ自己管理をさせることで
虐待を見逃すかもしれないという社会を作るのか”

私なりの解釈の仕方でいうと
「多くの良心的な家族の信頼を切り捨ててでも
虐待される子どもを守るのか」
「多くの良心的な家族の信頼を守るために、
虐待されている子どもを切り捨てるのか」
どちらを社会が選ぶのか。もちろん一番目の方を
今の社会は選択しつつある、ということなのだろう。

それが正しいのか、よく分からないけれど、
多くの良心的な家族の信頼を切り捨てることで
殺伐とした子育て環境にますます拍車がかかり、
そして虐待が増える…、という悪循環を起こさないのだろうか?

そのためには、一方で信頼関係で結ばれた親同士のネットワークを
活性化することが大切だという。
なるほど…と思ったが、設置する主体である行政が
そこまで考えてくれているのか、そこが一番不安なのだ!

スポンサーサイト

[2005/10/11 22:07] 児童虐待 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://urapoke.blog6.fc2.com/tb.php/74-93ece2f6





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。