スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

行政って何ナノかな?1 

PICT0295.jpg

東京の東村山市で突然降ってわいたような事件が起きた。
都営住宅の立替で、50年以上もその街で育ってきた250本もの
桜やイチョウの木が伐採されるというのだ!

もちろん、全てがなくなる訳ではないけれど、
そのほとんどが根こそぎ抜かれて捨てられていく。
行政側は「住民と話し合ってきた」「反対意見はなかった」と
いうコメントらしいけれど…。

NHKで放映されたり新聞などに掲載されたけれど、
その前にかなりの木が伐採されてしまったらしい。

その様子は次の記事にアップします。




スポンサーサイト

[2005/11/12 00:58] つぶやき | TB(0) | CM(2)

初めまして。なんか「お役所仕事」の「典型例」みたいな感じですね。お役所は「システム」をスムーズに動かす事を優先にして職員の仕事は「その部分」の説明しかされないままするだろうから、職員も「私は私の仕事をしたまでデス。」とか「後の責任の擦り付け合い」の「基」を作ってる印象だわ。≪相手の気持ちの沿った説明≫ってのが出来ないのかなぁ。自分で商売しようとした事ない人だと「買い手の気持ち」に気がつかないみたいに?
いや「普段でも“相手の気持ちを考える”」って事は「しているハズ」・・・なのになぁ。。。
[2005/11/12 01:21] himitsu [ 編集 ]

早速のお返事ありがとうございます。
行政の方、一人一人が悪気があって、ということではないと思うのです。
皆さんごく普通の「良い人」なのです。
しかし…何かが欠けている、そんな気がします。
それは、相手の身になって考える想像力だったり、身体的な感覚力だったりするように思います。
頭の良い人が多いだけに、頭で「分かった気になる」からなのでしょうか?
人生に行き詰った経験がない人が多いからでしょうか?
非常勤という立場で傍から見ていると「行政職員は恵まれているな~」と思うことが多いですね。当人たちが一番そのことに気がついていないですけど…。
[2005/11/12 16:25] urapoke [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://urapoke.blog6.fc2.com/tb.php/76-b4648579





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。