FC2ブログ







スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

元夫の間で起きていたこと⑤ 

元夫の不機嫌は、ほんの些細なことでした。
今では、あまりに些細なことだったので、
かなり忘れてしまったこともありますが・・・

たとえば、こんなこともありました。
息子が不登校だった時期があり、
その頃は私が専業主婦だったため、
必然的に息子といる時間も長かったのです。
そのため、彼は私の聞く音楽をいつも聞かされ、
私の好きなビートルズをいつの間にか好きになってしましました。

その後、随分たったある日のことですが、
食事中に息子とビートルズの話をしていました。
実は元夫の方がビートルズ世代なのですが、
私の方がずっとビートルズの曲のことは詳しいので、
彼は“蚊帳の外”状態でした。

別に意地悪でのけ者にしていたわけでもなく
テレビから聞こえてくる曲について、
あのアルバムに入っているとか、このアルバムだったとか、
そんな他愛ない話をしていただけなのに、
いきなり不機嫌になり、そのまま何日も何日も話をしない状態が
続きました。

その後は、いつもと同じパターンの
「どうしてそんなに不機嫌なの?」という私に対して
「そんなつもりはない」と言いながらも
結局、大喧嘩になり
我が家の場合は、一応彼が「自分が悪かった」と言うのですが、
数日経つ内に「俺はあいつに屈服させられた」と考え始め、
とうとうまた不機嫌になる、と言う繰り返しです。

どうでも良いと思われるようなことでも
「俺をのけ者にしている」とか「俺をバカにしている」と
思うようでした。

そのときも、やはり私と息子が彼を
のけ者にしていると思ったと言うことですが、
被害者意識が大きいとしか思えませんでした。

彼の方が故意に私をのけ者にしている、ということは
多々あったけれど・・・
自分の行動は、どんなことでも許されて
自分に対して取られた行動は、いつも「被害者」だったのです。
スポンサーサイト

[2005/02/20 00:01] モラル・ハラスメント | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://urapoke.blog6.fc2.com/tb.php/9-217d47ee





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。